Home  »  国際規格FSSC22000の取得

国際規格FSSC22000の取得

国際規格FSSC22000の取得

国太楼は「お客様を尊重し生産者を育成することにより社会に奉仕すること」を理念に、1962年の創業以来、お茶、コーヒー、紅茶など嗜好品を通じて食卓への安心と美味しさの喜びをお届けする使命を持ち、生産・加工・物流に携わる方々と共通の目的を持ち「安全」「安心」に取り組んでいます。
その取り組みのひとつのカタチが、製造から販売に至るまで社業全体において、この食品安全マネジメントシステムの国際規格であります「FSSC22000」の取得に至りました。

株式会社 国太楼は、茶、のり、コーヒー等の加工食品メーカーとして、原料調達国は、海外16カ国以上に成りました。

今、まさにグローバル的に食の安全を果たす社会的使命があります、その為に、品質管理・食品安全の向上を目指し、食品安全マネジメントシステムを構築します。

その上で、顧客満足度の高い新商品を開発します、そして顧客の信頼を高め、社会に貢献します。

【 食品安全遵守項目 】

  1. 当社は、法令・規制を遵守し、要求事項と各お取引様の食品安全要求、そして顧客の味覚要件に合意・適合する製品を提供する。
  2. 食品安全方針、規制要求事項の見直し時期は、・顧客と合意した食品安全要求・味覚要件の変更時、
    また、社会環境が実施状況と異なる時とする。
  3. 食品安全方針の食品安全目標は、毎年新たに設定し全従業員が実行する。
  4. 全従業員には、食品安全方針、及び食品安全マネジメントシステムを首尾一貫した姿勢で徹底する。
【 食品安全マネジメントシステムのIT運営管理方針 】

  1. トレサービリティの運営管理は、工程別に安全チェック、必要な管理項目はIT管理システムで実施する。
  2. 課題解決運営方針、規制要求事項で不可能な商品リストを掲げ、その理由、対策の協議内容を社長に報告する事。
  3. 品質管理、安全管理マネジメントシステムの綱領は、(原料・資材調達、商品製造等の重要管理点、人の管理項目、人の行動必須手順、等々に区分)必要に応じ筆記試験を行う、そして弱い所を抽出し、再度 学習・研修テーマにする。

味の変質は、主に湿度・温度・酸素・光が要因となります。当社は、原料によりアルミ袋に入れ酸素を追い出す窒素置換を行っています。さらに冷蔵・冷凍保管により変質を防ぎ風味を保っています。

研究室にて茶の育成に必要な土壌の成分分析を行い、おいしく安全な商品作りの研究を実施しています。

茶は、全窒素・アミノ酸・テアニン・繊維・カフェイン・タンニンなどの成分分析により科学的に味・香りの評価ができます。さらに官能検査は、茶の形状・色沢・水色・香気・滋味の比較検査し品質の選定を行っています。

衛生検査室を設置し専門担当者が一般生菌数・大腸菌群の検査を行い、安全性を確認してから包装をおこなっております。